profile

三浦明利

三浦明利(みうら あかり)

龍王山 光明寺住職
(浄土真宗本願寺派・奈良教区 吉野北組)
シンガーソングライター/作家
龍王山光明寺公式ホームページ

1983/5/9生

  • 2011年CD「ありがとう~私を包むすべてに~」でメジャーデビュー。
  • 2012年3月11日CD「被災地からのありがとう」リリース。
  • 2012年3月23日、初の著書『わたし、住職になりました』(アスペクト刊)全国発売。

アコースティックギターとピアノによる弾き語りで、全国各地で活動中。
メッセージ性の強い歌詞と耳に残るメロディーで作詞作曲する。
法話や講演等の話と演奏をミックスさせたスタイルが特徴。

2008年、25歳で住職となり、現在は本山や大谷本廟・別院・寺院等を中心に全国で演奏活動を行う。
また、各都道府県市町村・高校・大学・企業において、人権・美容・歴史・音楽に関する講演を交え演奏をする等、幅広い分野で注目を浴びる。
さらには、執筆活動を行い、書籍では『わたし、住職になりました』(アスペクト刊)出版。

龍谷大学大学院修了。本願寺仏教音楽・儀礼研究所研究生を経て、仏教で大切にされている心を盛り込み作詞・作曲・演奏活動に取り組んでいる。
また、ポピュラリティーを追求した仏教音楽の研究も行っている。

仏教青年連盟全国大会のテーマソング「en(えん)」や奈良教区の平和の集いの合唱曲、龍谷総合学園の750回大遠忌法要の記念曲など数多く作詞作曲を担当。

住職としての生きざまと、作曲・演奏活動が注目され、新しい女性の生き方として新聞やテレビでも取り上げられている。

略歴

  • 1983年:奈良県吉野郡の光明寺に一人娘として生まれる。
  • 1987年:ピアノを習い始める
  • 1997年:ギターを始める
  • 1998年:エレキギターを始める
  • 1999年:高校入学・得度を受ける・バンド活動を始める・作詞作曲を始める
  • 2000年:バンド「助六」で自作曲でMPSで大野みのる賞受賞。
  • 2004年:バンドMoga Hoop結成。Moga Hoopで、関西エリアオリジナル・ミュージック・コンテストと新星堂のコンテストで2つグランプリを受賞
  • 2005年:ソロ活動として弾き語りを始める。Moga Hoopで初シングル「Moga Hoop」発売
  • 2006年:大学院に入学。仏教音楽研究所の研究生になる。Moga Hoopで1stアルバム「Modern Girl」をリリース
  • 2007年:ソロ1st Album『Cherish』発売。
  • 2008年:バンドMoga Hoop脱退。光明寺住職に就任
  • 2009年:住職活動に専念。寺院等での演奏活動が中心となる。
  • 2010年:「笑っていいとも」や朝日テレビ特番・ちふれCMに出演。龍谷学園記念ソングの作曲担当。「ありがとう」リリース
  • 2011年:大学院修了。7月6日にnewバージョン「ありがとう~私を包むすべてに~」でメジャーデビュー。
  • 2012年3月11日CD「被災地からのありがとう」リリース。
  • 3月23日、初の著書『わたし、住職になりました』(アスペクト刊)全国発売。
  • 12月5日、初アルバムCD「灯り-akari-」リリース。

受賞歴

  • 大阪軽音楽連盟よりベストギターリスト賞受賞
  • 2002年「Music Power Station」自作曲にて大野みのる賞受賞(バンド「助六」)
  • 第18回「We are Sneaker Ages」自作曲にて 入賞(バンド「助六」)
  • 第四回「関西オリジナルミュージックコンテスト」グランプリ受賞(バンド「MogaHoop」)
  • 「新星堂オーディションチャンス2004」グランプリ受賞(バンドMogaHoop)